レッスンインタビュー

  • レッスンインタビュー
  • 大重様 自分が旅行に行くときも、日本に来た外国人観光客へも英語での会話を楽しみたい!(教室レッスン)

大重様 自分が旅行に行くときも、日本に来た外国人観光客へも英語での会話を楽しみたい!(教室レッスン)

大重さんと講師のレッスン風景

Q本日は宜しくお願いします!

7アクトで英会話学習を初めてどれくらいですか?

A2年半になります。
当時学生でしたので学校の帰りに行ける英会話スクールに通おうと思いました。

大人数のグループレッスンでは一目を気にしたり、積極的な方が居たら、あまり発言できないかもと思ったので、1対1で、一つ一つ学んで自分の事が言えるようになりたくてマンツーマンで探していた時に、7アクトをみつけました。

ネットの口コミで7アクトで上達しましたという方を見つけて、自分もその方と同じように話せるようになりたくて7アクトに入会しました。

Q7アクトは小さいスクールなので、、
見つけてもらえて嬉しいです!

英会話をはじめたきっかけを改めて聞かせてもらえますか?

A英会話には以前から興味があり話せるようになりたいと思っていたのと、、海外旅行が好きだからです!聞いたり、読んだりできるだけではなく、会話力を上げたかったんです。
旅行先で出会った方が言っていることはわかるんですが、「Yes, No」 くらいで返してしまっていたので…

ちゃんと自分の言葉で返答ができるようになりたくで英会話学習を始めようと思いました。
今までは日本人に優しい、日本語ガイドがあるようなところへ行く事が多かったんですが、これからは自分の英語力で「何が食べたい」「何がしたい」と意見を言えるようになって、もっといろんな国を訪れてみたいです!

そして海外での行動範囲を広げたいと思っています。
買い物も好きなので、これからはお店の方としっかり会話をして、値切ったりにもチャレンジしてみたいと思っています。

Q値切り交渉・・!関西の方ならではのモチベーションですね!(笑)
ガイドに頼らず旅行をするって、最初はチャレンジですが、「自分でできた!」という達成感が生まれ、旅の充実度がぐーんとアップしますよね。

1回のレッスンの流れはどのような形ですか?

大重さんと講師のレッスン風景

A会話力をアップさせたいので、レッスンは話すことに重きを置いています。テキストを使用して、語彙や文法を学んだり、また宿題をチェックしてもらっています。

また、テキストを発展させて深く質問されて答えるなども取り組んでいます。予習をしているので、文章でしっかり答えることが出来る時もありますが、単語でチョンチョンって言ってしまう時もあります。。。(苦笑)

その時には、講師から間違ってもいいのでフルセンテンスで言うようにと指摘をされます。がんばってフルセンテンスで言ったあとに、ネイティブならどのように表現できるのかをフィードバックしてもらいます。

テキストをこなすだけではなく、そこからネイティブらしい表現や、違う表現方法についても教えて貰っています。

また、宿題でライティングをしてそれを提出するようにもしています。提出したライティングは翌週に訂正されて返却されるので、返却されたものをレッスンの教材としても使用しています。

あとは、自宅で音読トレーニングをしているので、発音・流暢さチェックもしてもらうようにしています。
いろんな角度から英会話を上達させる方法を取り入れることができているので、私に合ったレッスンが作れていると思います。

Qご自身の苦手を講師に都度チェックしてもらい、鍛えてもらっている様子が伝わってきます!
ご自宅でのライティングや音読などもしっかり取り組まれてバランスよく学習が進められている様子が伺えてなによりです。

大重さんが特に苦手項目として意識して対策しているところはありますか?

Aレッスンを開始したときに受けた電話レベルチェックで発音と流暢さが低いという評価だったので、その部分を意識をしてレッスンに臨んでいます。日本人にありがちな母音を強く音にだしてしまう癖があるのですが、、、そこをよく注意されます。
2~3回くらい指摘してもらわないと直らないんですが…(苦笑)

でもそのお陰で最近ちょっと流暢に言えるようになってきたと感じています!!
何度も同じことを質問したり、何回も訂正してもらったり、納得できるまで講師に付き合ってもらって、自分が出来るようになるまで繰り返すようにしています。

Q自分の取り組みたい項目に粘り強く付き合ってもらえるのがマンツーマンレッスンの良さですので、上手く講師にサポートをしてもらって取り組んでいらっしゃる様子が伺えます。

これからの大重さんの目標を聞かせてもらえますか?

Aもっと発音流暢さを鍛えて、ネイティブに伝わる英会話力を付けたいと思っています。私はよく旅行者から道を聞かれるのですが、中国人や韓国人の英語を第二言語としている方には問題なく通じるのですが、母国語がネイティブの方には時々伝わりにくい時があります。ネイティブにも伝わる発音流暢さや、表現力を身に付けたいと思っています。

また、仕事でも使えるようになっていきたいと思っています。今年度より社会人として働き始めています。社長は英語がネイティブで、先輩も英語が達者な方が多いので、職場で英語も飛び交っている状況なんです。

今は、まだちょっと恥ずかしくて英語で話しかけられても日本語で返してしまう時がありますが、せっかく英語を話す機会がある会社に就職したので、ビジネスで使える会話力も身に付けてバリバリ働きたいと思っています。

大重さんと講師のレッスン風景

Q外国人に話しかけられやすいタイプの方っているので、きっと大重さんから“あの子英語で話せそうオーラ“が出ているんだと思いますよ!(笑)
それってとっても素敵です!

これからもっともっと英語使用の場が増えていくという事で、どんどん間違えを恐れず発言してくださいね。

最後にこれから英会話を学ぼうと考えているかたへメッセージをお願いします。

A最初は会話に自信がないかもしれないですが、まずは単語を言ってください。
単語をどんどん繋げて思いを伝えるようにしてください。そうやっていってセンテンスが作れるようになっていきます。

英会話はコミュニケーションなので恥ずかしがらないで!

私はレッスン中に自分が発言するまで講師に待ってもらったりしています。
ポッって出てきた単語や表現を講師はくみ取ってくれて、「こんな感じでするといいよ。」って教えてくれます。

講師に渡した単語というボールをきっちりとキャッチしてくれて、それに肉付けしてネイティブ表現として返してくれます。

受け身ではなく、単語だろうとなんだろうとまずは自分から発する、表現するということが英会話学習には絶対に大切です。
一つ一つ言えることを増やして、英会話学習を楽しんでいってください!!

このページのトップへ戻る