• ロープレで自信!ビジネスマナーを学ぶ

    2013年11月14日 • エリコさんレポート


    今回は、ギャリ—先生のビジネスマナー講座に参加してきました!
    今の会社では英語を使う機会がないので、将来すぐに実践できるよう参加してきました。

    ギャリ—先生と言えば、ビールが大好きなハイテンションの先生というイメージが強い(内緒)のですが、ビジネスの経験が長いベテラン講師!
    レッスン中はとにかく笑いが絶えないのですが、話さないと突っ込まれるのでドキドキすることも…。

    参加する前は、途中に休憩を挟みながらも2時間という長丁場の講座だし、 ビジネスだからレベルの高い生徒さんばかりでついていけないのでは… という不安がありました><

    いざ、始まってみるとそんな不安は完全に払拭!
    ギャリ—先生のノリと様々なトピックで充実した2時間になりました。

    特に、今回はロールプレイングが多かったです。しかも、全員必ず役が回ってきて、台本も見てはいけないというプレッシャーがありました。
    行ったロールプレイングは、主に”初対面でのあいさつ”や”謝り方”です。

    あいさつでは、うっかり下の名前で呼ぶのを忘れたり、名刺交換より握手をすることが新鮮でした。謝り方では、いろんな国のタブーを踏まえながら謝る語法や許すときの心遣いまでを実践しました。

    ギャリー先生はいくつかテキストをくれたのですが、その中でも面白かったのが、いろんな国のタブーを一覧にしたものです。
    例えば、日本でいう「ごはんに箸を垂直に立ててはいけない」というのがありますが、同じように文化的であっても手土産やシチュエーションで意外とビジネスにも通じるものがあります。特に日本と違い宗教面でのタブーがあったりしますので、ビジネスマナーだけではなく異文化理解の勉強にもなりました♪

    そして、ちょっとショッキングだったのが名刺交換の雑さ!(笑)
    海外ではあまり名刺は重要ではないと聞いたことがあるのですが、実際に海外とやりとりをしている生徒さんの話を聞くと、もらってもポケットに入れてしまい、しまいにはグチャグチャになることもあるんだとか…。
    (相手がどんなに偉くても関係ないそうです)

    日本だったら挨拶の一貫として大切に保管しますが、所詮紙切れ…ということなのか、形にこだわらずに、良いと思ったからビジネスが始まるののか?
    日本の企業でしか働いたことがない私にはすべてが斬新です。

    2時間の講座はとても短く感じましたが、いつものレッスンより難しく感じました。
    でも、参加した生徒のみなさんと協力しながらロープレができて緊張がほぐれました。
    それに、難しいことに敢えて挑戦したことやいろいろな職業の生徒さんに会えたので、 将来に向けてますます頑張りたいと思えました!!

    About